宝塚|ReGrinRoom|脱毛・エステ・ネイル・ホワイトニング通い放題

24時間無人|女性専用セルフ美容サロン

ホワイトニングの種類

114 views
約3分

ホワイトニングには主に3つの種類があります。オフィスホワイトニング、ホームホワイトニング、セルフホワイトニングです。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは、歯医者で行うホワイトニングのことです。過酸化水素を用いた溶液を使用し、歯の表面を削って元の歯よりも白くすることができます。
費用相場は高額ですが、短期間で効果を実感できます。ただ、強力な薬剤を使用するため、痛みを感じる方もいらっしゃいます。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは、医師から処方された薬剤を使用して自宅で行うホワイトニング方法です。専用のマウスピースを型取りし、処方されたホワイトニング剤を塗布し歯にはめます。
処方された薬剤を使用するので効果は高いですが、マウスピースの型取りなどには少し手間がかかる場合があります。

マウスピース矯正をされている方なら一石二鳥ですね。
ReGrinRoomオーナーである私もマウスピース矯正の際に一緒に行いました。

ホームホワイトニングもオフィスホワイトニング同様メディカル(医療)ホワイトニングのため、痛みを伴う場合があります。
また自分の歯形に合わない市販のマウスピースを使ってしまうと、薬剤が歯茎などに付着するなどして危険ですので、必ず正しい方法で行いましょう。

セルフホワイトニング

セルフホワイトニングは、一般的にLEDライトを使用します。ジェルに含まれる酸化チタンにLEDライトを当てることで、歯の着色汚れを浮かせ、除去します。
歯を傷つけないので痛みなく歯の本来の白さを取り戻します。

ここで注意すべきところは「歯を白くすることはできない」という点です。

セルフホワイトニングは医療ではありません。

歯医者で行うオフィスホワイトニングや医療ジェルを使用するホームホワイトニングと違い、元の歯を漂白し、根本的に白くする方法ではないからです。
あくまでも歯の表面に付着した黄ばみの原因を除去し、コーティングすることで着色しづらくするというものです。

「思ったより白くならなかった!」
「白くならないじゃないか!」

とクレームが上がるのは、セルフホワイトニングでもはを白くできるという勘違いがある為と思われます。

歯そのものは白くなりませんが、着色汚れが目立つ方ほど見た目の色の変化は感じやすいと言えるでしょう。

セルフホワイトニングはお客様ご自身で施術していただくため手頃な価格で体験できます。

ホワイトニングジェルには酸化チタンと呼ばれる成分を使用するものがほとんどですが、当サロンでは酸化チタンに加え、酸化タングステンという成分も配合し、より強力な汚れの除去と歯のコーティングを実現しました。