宝塚|ReGrinRoom|脱毛・エステ・ネイル・ホワイトニング

24時間無人|女性専用セルフ美容サロン

会員規約

【重要】下記規約をよくお読みいただき、同意された上でご入会ください。

トラブルや事故防止のために必ずお守りいただくようお願いいたします。

ご入会の条件には当利用規約の一読が含まれておりますため、
各種規約・注意事項等を遵守することなく、お客様に何らかの損害が生じた場合、当サロンに一切の責任を問わないことに同意されたものとさせていただきます。

第1条 (目的)

セルフ美容サロン「GrinRoom(以下当サロンといいます)」に関して、会員および当サロンが遵守すべき事項と諸条件を明確にするため、ReGrinRoom通い放題会員規約(以下「本規約」といいます)を定めます。

第2条 (定義)

本規約において以下に掲げる用語は、次の各号に定める意味で用います。
(1) 「本施設」とは、セルフ美容サロン「ReGrinRoom」のことをいいます。
(2) 「入会」とは、第4条の手続きを行い、当社との間で本施設を月々の定額制にて利用する契約を締結することをいいます。
(3) 「会員」とは、入会手続きが完了した利用者のことをいいます。
(4) 「入会日」とは、第4条第1項に定める契約が成立した日をいいます。
(5) 「更新日」はトライアル期間終了後、最初に月額費用決済が完了した日のことをいいます。
(6) 「退会」とは、会員からの申し出に基づき、当社と利用者の間の契約関係を終了させることをいいます。

第3条 (会員資格)

会員は、次の各号すべてに適合する方に限ります。
(1) 別途当サロンが定める「施設利用規約」第4条で規定する利用資格に適合する方
(2) 本規約を遵守できる方

第4条 (入会手続き)

1. 利用者が本規約に同意のうえ、当サロン所定の方法にて入会の申込みを行い、当サロンがこれを承諾した場合に、本施設の定額制利用に関する契約(以下「契約」といいます)が成立します。
2. 当社は、利用者から入会申込みがあった際に、所定の確認を行い、第3条に適合しないまたは適合しないおそれがあると判断した場合には、入会を拒否できるものとします。

第5条 (月額利用料)

1. 会員は、当社が別途定める月額利用料(以下「月額利用料」といいます)を支払うものとします。なお、支払時期については、下記のとおりです。
(1) 入会日にはトライアル料金の決済が行われます。
(2) トライアル期間終了までに利用者による退会手続きが行われなかった場合、その翌日通常の月額利用料お決済が行われます。
2. トライアル期間は30日間とし、以降毎月更新日に月額利用料が決済されます。
3. 本施設を利用していない月に関しても、月額利用料の全額をお支払いいただくものとし、当社に債務不履行等の帰責事由がある場合又は不可抗力により本施設が利用できない場合を除き、日割計算や返金は行わないものとします。

第6条 (契約期間)

1. トライアル契約期間は、入会日から30日間、および本契約期間は更新日の翌月末日までとします。
2. 契約期間満了日までに、第8条に定める退会手続きが完了しなかった場合には、契約は同条件にて1カ月間更新され、以後も同様とします。
3. 前各項にかかわらず、契約期間中に退会手続きが完了した場合には、第11条第1項の表に定める退会日を契約期間満了日とします。

第7条 (予約・キャンセル)

1. 会員が無断キャンセルを行ったことにより、本施設利用の予約を制限された場合であっても、会員は当月分の月額利用料を支払う義務を負うものとし、当サロンは受領済の月額利用料の返還は行いません。
2. 前項の規定は、当サロンに債務不履行等の帰責事由がある場合の会員による月額利用料の返還請求を妨げるものではありません。

第8条 (退会)

1. 本施設を退会しようとする会員は、利用中のReGrinRoom公式LINEにて、当サロンが指定する退会手続きを行うものとします。なお、退会日については、退会手続きを行なった期間の契約満了日とし、退会日をもって契約は終了するものとします。

2. キャンペーン等により、解約料等の支払いについて別途合意していた会員については、当該定めに従い、退会時に解約料等を支払わなければならないものとします。
3. 退会手続きが完了した場合でも、退会日までは本施設を利用することができます。
4. 第1項にかかわらず、入会日を含めた30日以内に、会員が退会の手続きを行った場合に限り、退会手続き完了日をもって退会日とします。なお、本項によって退会となった場合にも、入会日から退会日までの会員の施設利用の有無を問わず、当サロンは受領済のトライアル利用料は返還しないものとします。

第9条 (反社会的勢力の排除)

1. 会員は、自己が以下の各号のいずれにも該当しないこと、および将来にわたってもこれに該当しないことを表明・保証します。
(1) 現在、暴力団、暴力団構成員、暴力団構成員でなくなったときから5年を経過していない者、暴力団準構成員、総会屋、社会運動標榜ゴロ、政治活動標榜ゴロ、特殊知能暴力集団その他これらに準ずる者(以下「反社会的勢力」という)であること
(2) 反社会的勢力に自己の名義を利用させ、本契約を締結すること
2. 会員は、自らまたは第三者を利用して以下の各号のいずれかに該当する行為を行わないことを表明・保証します。
(1) 脅迫的な言動、もしくは暴力を用いること
(2) 偽計または威力を用いて業務を妨害し、風説を流布するなどにより当社または第三者の名誉・信用を棄損すること
(3) 法的責任を超えた不当な要求をすること
(4) 反社会的勢力への資金提供を行う等、その活動を助長する行為を行うこと
(5) 前各号に準ずる行為を行うこと
(6) 第三者をして前各号のいずれかに該当する行為を行わせること

第10条 (会員資格の喪失)

1. 会員が次の各号のいずれかに該当した場合には、その資格を失います。
(1) 退会したとき
(2) 死亡したとき
(3) 第3条に記載の会員資格に適合しなくなったとき
(4) 第11条により契約の解除をされたとき
2. 会員が前項により会員資格を喪失した場合には、会員は以後本施設の一切の利用はできないものとします。ただし、第8条第3項に規定する場合はその限りではありません。

第11条 (契約の解除)

1. 会員が次の各号のいずれかに該当する場合、当サロンは会員との契約を解除できるものとします。
(1) 当サロンに提供した登録情報に虚偽の内容が含まれていたとき
(2) 本施設の設備等を故意または重過失により損壊したとき
(3) 月額利用料、その他の諸費用を3カ月以上滞納したとき
(4) 第12条(反社会的勢力の排除)の各項の表明・保証に違反したとき
(5) 本規約、個別規定等に違反したとき
2. 前項により当社が契約を解除したことにより会員が損害を被った場合にも、当サロンは責任を負わないものとします。
3. 前項の規定は、当サロンの故意または重過失(生命・身体の損害については過失とします。)により発生した損害の賠償請求および当サロンに債務不履行等の帰責事由がある場合の会員による料金の返還請求を妨げるものではありません。

第12条 (規定外事項)

本規約に規定のない事項は、ReGrinRoom施設利用規約、その他個別規定等に従うものとします。

第13条 (利用規約の改定)

1. 当サロンは、必要と判断した時、適用法令に従い本規約を改定することがあります。この場合、当サロンは、本施設のWEBサイト上への表示等の方法により、本規約を改訂する旨、改訂後の本規約の内容およびその効力発生日を、会員に通知します。
2. 本規約の内容が改定され、改定後においても引き続き本施設を利用した場合、会員は、本規約の改定に同意したものとみなされ、会員および当サロンは、改定後の規約に拘束されるものとします。
3. 前二項に関わらず、法令上利用者の同意が必要となるような内容の変更の場合には、当サロン所定の方法で同意を得るものとします。

2024年6月12日制定