宝塚|ReGrinRoom|脱毛・エステ・ネイル・ホワイトニング

24時間無人|女性専用セルフ美容サロン

上手にホワイトニングするコツ:効果を高める5つのポイントについて解説

約3分

皆さま、こんにちは。

セルフホワイトニング、効果は出ていますか?
セルフホワイトニングはお客様ご自身で行っていただくため、どうしても効果に個人差が出てしまいやすいです。

せっかくお越しいただくのであれば、1回の施術でもトーンアップを実感できるよう最大限の効果を引き出していただきたいと考えています。

このページではセルフホワイトニングのコツを5つ紹介させていただきますので、参考にしていただけますと幸いです。

効果を高める5つのポイント

  • 事前のハミガキ
  • 水分の拭き取り
  • ジェルをたっぷり塗布
  • LEDライトと口の距離は2〜3cm
  • 2回目の照射前も再度ハミガキ

事前のハミガキ

ホワイトニングジェルを塗布する前に、ハミガキを行っていただきます。

歯の表面の汚れがしっかり落ちるようにブラッシングしましょう。

水分の拭き取り

ハミガキが終わったら、歯の表面についた水や唾液をティッシュなどでしっかり拭き取ってください。

乾いた状態の歯にジェルを塗布するようにしましょう。

ジェルをたっぷり塗布

ホワイトニングジェルは1袋に2回照射分(2g)が入っています。

2回照射で使い切るつもりで、たっぷり塗ってください。

イメージ

LEDライトと口の距離は2〜3cm

LEDライトは口元から2〜3cmの距離から当ててください。
離しすぎると歯にしっかり当たらない可能性がございます。

ライトは温かみを感じます。近づけすぎての火傷にご注意ください。

使用前後はライトの照射面を除菌シートで拭き取ることをお忘れなく!

2回目の照射前も再度ハミガキ

2回目の照射前にも再度ハミガキを行い、歯の表面をきれいにしてください。

ハミガキの後はまた水分をしっかり拭き取ってくださいね。

効果的な通い方

個人差はございますが、初めのうちは週に2〜3回程度の短いスパンで、5回ほど連続して行っていただくと効果が出やすい傾向があります。

また、元の歯の変色や、遺伝や病気による変色の場合、セルフホワイトニングでの効果は実感できない可能性がございます。その場合は、オフィスホワイトニング(歯医者)やホームホワイトニングでしっかりと歯を漂白したあと、メンテナンスとしてセルフホワイトニングを通っていただくことで白さを維持していただけるかと思います。