宝塚セルフホワイトニング|ReGrinRoom|りぐりんるーむ

24時間無人・女性専用・完全プライベート

セルフホワイトニングの仕組み

147 views
約2分

セルフホワイトニングで歯が白くなる仕組みを解説します。

セルフホワイトニングとは、専用のホワイトニングジェルとLEDライトを使用するホワイトニング方法です。

歯の表面にあるエナメル質を守る「ペリクル」という粘着性の高い物質と、タバコのヤニや色の濃い食べ物の色素が結びつきステインとなって歯を黄色く見せているのですが、

この歯の表面に外的要因で着いてしまった着色汚れを光触媒により分解し落とすのがセルフホワイトニングです。

光触媒とは

光触媒とは、酸化チタンや酸化タングステンなどの光触媒活性物質に光が当たると活性酸素が発生し、悪臭やヤニ汚れなどの有害物質を光の力で分解無害化する作用のことです。
光を当てることにより強い酸化力で有機物を分解するため、汚れや臭いの除去、抗菌作用が得られます。

この作用で歯の表面に付着したヤニや茶シブなどの着色汚れを浮かせて剥がし、歯本来の自然な白さに戻していきます。

光触媒活性物質

代表的な光触媒活性物質としては「酸化チタン」がよく知られています。
また現在、実用化されている光触媒は酸化チタンと酸化タングステンだけです。

酸化チタン、酸化タングステン共に光に当てることで高い光触媒効果を発揮します。